人と狼と虹と狐。

 

なかなか良きペースでの更新ではないでしょうか。

私です。

 

 

あたらめまして。
失礼。噛みまみた。

 

改めまして。

重ねてにはなりますが、6月1日池袋EDGE「ラルクを本気で完コピしてみましたセッション」ご来場くださった皆々様、本当にありがとうございました。

 

 

このブログというツールを改めて使ってみてて思うのですが、Twitterの140文字なんて全く足りないのよね。
大勢でいるときにはあまり喋らない、口数が少ない、で評判の私ですが。
頭の中ではごちゃごちゃ考えているし、ぶっちゃけ説明とかくどいし長いんですよ。

そんなもんで、ライブの感想やら思ったことやら皆さんへの感謝とか。
140文字以内で収めろってのは無理がある。気付いてるよ。

 

 

話逸れたな。

とにかく、今回のセッションについてとか、今の気持ちを書くよ。

 

 

昨日のセッションはねぇ、本当に楽しかったよ。
前回の5/18のSTKもめっちゃ楽しかったけどさ。
すごい有意義なというか、とても良い環境で音楽できているなぁって実感できる2つのセッションでした。

今回のメンバーさんはね、本当にほぼ初めましてなのです。

りっちゃん(篝くん アヴァンチック)に誘ってもらって、出会った今回のメンツなんだけど。
そもそもりっちゃんと今こんなに仲良く喋れてるのも不思議といえば不思議!
本当に最近急激に距離が近づいてる感じなのです。
この1,2ヶ月でぐわーっと仲良くなりました。彼の醸し出す柔らかい雰囲気がとても好き。

 

 

んで、まぁ僕のことを古くから知ってる人は分かるかもですけど、スーパー人見知りなんですよ。
なんか歳とるごとにちょっとずつ改善されてる気もするっちゃするんですけど、基本的にはやっぱりコミュ障で。

ぶっちゃけ「やるって言っちゃったけど、知らない人ばっかりだー、怖いよー(泣)」感は正直あったのよ。笑

だから、最初のリハーサルで実際に皆さんにお会いするまでは結構気を張ってました。
文字上だけでやり取りしてても、掴めなかったし、やりづらい感みたいなのも感じてたんですよ。

 

 

ところが。

初日のスタジオでそれ全部吹っ飛んだなー。笑

皆、超良い人!!面白いし、趣味も合うし。
なんなん。あの緊張返して。

んでまた、皆お上手なのよねー。とても刺激的だったよー。
リズム隊がもう、最っ高に気持ち良くてねー。
やる楽曲が楽曲だけに、もうキッズの頃から現在に至るまで、耳にタコが出来るほど聞き込んできたわけで。
身体に完全に染み付いてるわけですよ、全部のフレーズが。

それを、土台である2人が完全に再現してくれてねー。
超きもちかった。
いや、敢えて言い直そう。
なまらきもちかった。

…なんか1人ずつ紹介して、思ってることとか書いていきたいくらいにはすごい好きになったんだけど、ちょっと気持ち悪い感あるから自主規制するわ。

 

 

まぁ、とにかく新鮮で、楽しい5人でした。
好き。

 

 

 

なんだろうなー。

時にはこうして、知らない世界に飛び込んでみるのも悪くないなーって思いました。

本当に僕は付き合いが良いわけでもないし、顔は実物の顔の大きさに反して非常に狭いですし。
まっっじで狭いコミュニティーの中にしかいなかったわけですよ。
いわゆる道民周りというか。

でも全然それで良かったし、別に何も感じてなかったんですけどね。

「外、出てみるもんだなぁ」としみじみ思いました。笑
これはきっと私生活でもそうなんだろうなー。引きこもり度80%くらいはあるもんなー。

 

 

 

ライブはさ、いわゆる昨今のこの界隈のノリは出せないわけで、まぁ言い方は悪いけど盛り上がってるようには見えないというか。
「あたまーーー!!」とか「モッシュ!!」とか「こぶしあげろーー!!」とか無いわけじゃん。
だから、演ってる感覚としては、「楽しんでもらえたかなー?」っていう感じはあったのね。

演ってる側としては、もちろんめっちゃ気持ち良いし、楽しんでるよ?
まぁ逆にずっと見られてるって感じだから、適度な緊張感がずーっと維持されてはいるんだけど。

でも、物販で話を聞くと「良かった」って言ってくれる声が非常に多くてとても安心したよー。
こういうライブもたまには良いよね。なんか語弊はあるけど、「ちゃんと音楽した!」って感じが。笑

 

 

映像もさっきチェックしたんだけど、すごく良かったと思います。
派手なアクションはないけれど、気持ち込めてギター弾けたと思う。

 

 

 

そして、こないだのカバーCDの感想なんかも直接聞けて嬉しかったなー。
自分の作ったものや仕事が評価されるのは、やっぱり最大のご褒美だし原動力だよねー。

今回のも、どうだったか教えてくださいね。笑

今回は完全なコピーではなくて、1本ギターを足してます。
原曲だと、ほとんどワンギターで構成されてる楽曲だったんですよね。(まぁバンドの構成的にはなんら不自然ではないのですが)
ただ、今回のセッションはツインギターだったわけで、それ用にギターのアレンジを考えたので、それも録っていれてます。



ちょっとだけ踏み込んだ話をすると、今回はミックスというか、各パートの音作りがとても難しかったです。
難しいというか…まぁ新鮮だったのかな。
いつもとかなり違うというか、ある意味真逆というか。

僕が作る曲の大半は、やっぱりそれなりにガッツリ歪んだディストーションのギターが入って構成されていて。
ベースもハイが強めのバキバキした音で、ドラムもキックがバチバチで割とメタルっぽくて派手な音で、みたいな。
ある程度そういうのがテンプレ化されていて、そういう音作りでのバランスの取り方をしてたんです。

ただ、今回の楽曲に合わせてみると、どれも違和感だらけで。
ギターはほぼほぼ歪んでないし、ベースはとても丸くて暖かい音だし、ドラムも乾いたタイトな音で。
どれもこれも真逆みたいな感じ。

だから、音作り〜ミックスまでが、とても難しく、これまた勉強になりました。
ストリングスやブラスの入れ方も、本当素晴らしいよ。感激したもん。
これは同期を作ってる段階でだけど。

プロのアレンジってこういう感じかー。。というね。

 

 

あ、話逸れるけど、ライブでの同期もなかなかな再現度だったでしょ?笑

 

 

脱線注意。

うん。
まぁ今回の音源は正直、○○年前の自分に聴かせてあげたい。笑
昔っから、ギターもそうだけど、特にストリングスとかピアノとか、そういうのを再現することにとても憧れがあったので。
お前、ここまで構成できるようになるよ、って教えてやりたいわー。
キッズの頃の憧れだったわー。

 

 

 

はい。

そんな感じで、ちょっと次いつこういったカバーシリーズを出せるかは全くの未定ですが、また機会があれば是非挑戦したいと思います。
むしろリクエストも全然受けますよー。勿論、僕が知っててかつやりたいと思わないとアレですが。

一応今の段階で、この曲好きすぎるからカバーしたいって思ってる曲はあるんだけど、今後どんなセッションでもライブのセトリに入ることはまず無いから悩んでます。
今までの2曲はライブのセトリから選曲してるからねぇ。全く関係ない曲入れても「はて?」ってなるかなぁ。

もう趣味で勝手にやればいいか。。
【137 全パートカバーしてみた】動画をアップしろって話ですか。(しません)

 

 

 

はい。
長くなりました。すいません。

 

 

次は22日、誠さんバースデーでの「きたきつね」。

キツネさんに化けるモードに切り替えていきましょう。
昨日「曲なに演るんですか?」って質問されたけど、この4人でしか出来ないことをやるに決まってるでしょ、とだけ言っておきます。
思い出しておきなさいな。

 

 

そんな感じです。

また、22日に会いましょう。

 

 

 

イザナ

 

 

 

P.S.
最近のセッションの現場でメイクしてくださるメイクさん全員が(毎回別の人)、メイク前の軽いマッサージの際に、僕の肩に手をかけた瞬間「…!!?」となります。
異常な肩こり・張りだそうで。
毎日色んな方々の肩に触れてらっしゃるプロの方々が、異口同音で「これはヤバイ」と言うので本格的にヤバそうです。
改善方法、求ム。


Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑