有限である故に有意義。

  最終更新日:2017/06/02

改めて、昨日はありがとうございました。

少し懐かしい首の痛みと倦怠感が、心地よい翌日です。

 

 

初めましての、Takuyaと峻洋くん。

三度目ましての、狂ちゃん。

何度目ましてか数え切れないし、何なら数えてみたいくらいの真悠さん。

 

…で、「script error.」でした。
4/30 池袋CYBERありがとうございました。

 

 

正直やってる最中は多少のブランクも感じたんですけど、映像見てみるとまぁ割と普段通りな感じでしたね。
自分の中で、久々だからこそ進化を見せたくて、ハードルが上がっていた部分も大いにあるとは思います。
やっぱり数を重ねて良くなるものだなぁライブは、と。
そう改めて実感しました。
もっとやりたいぞー。

 

 

トランスノートが終わってから、僕の中でのギタリスト論というか、理想像というか、それがまた少し変化しつつあって。
今はまだ過渡期だとは思うんですけど、少しずつ進化していきたいな、と。

 

 

昨日のイベントは、個人的にもそれなりに思い入れはありまして。

やっぱり札幌で、いわゆる「札バン」というバンド界隈で育った身としては、憧れでもあり遠かった先輩方が一同に会しているようなイベントでしたので。
それを言ったら、そもそもトランスノートというバンドを組めたこと自体も、当時の自分からすれば全然想像は出来ないことなんですけど。

なんだろうね。
ここまで来た、っていうほど何も結果は出してないんだけど。
遠かった世界にこうして混じれてる感覚は、やっぱり高揚するものはあるんですよね。

 

 

そういえば久々に4人揃いましたけど、良い空気感でしたよ。
楽しかった。
飲みに行こうとか、モンハンやろうとか、まぁ他愛もない感じで、それが良いよね。

楽屋も含めて、本当に楽しい1日でした。
ありがとう。

 

 

 

もう1ヶ月後には、ちょうど1年経つということで。
あっという間です。
その間に僕は今の所、ライブ4本と、リリースが2枚だけ。
随分とゆるやかな活動だったなぁ、と思います。

夏以降はもう少し、表舞台に出る機会を増やしていけたら、とは思ってますので会いに来て下さい。
まだまだしぶとく、僕はステージで生きていたい。

 

 

次は5月18日。
STKをお祝いします。
セッションのコンセプトというか、演る楽曲もほぼ決まってるんですけど。
セトリ公開される可能性は高いので、もう少々お待ちを。

 

 

というわけで、またそちらに向けて仕込みというか準備に勤しむとしましょう。

 

 

IMG_7036

 

 

イザナ

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑