死ぬ気でやれよ。死なねえから。

 

こんばんは。

 

 

ちょっと久々です、果たして誰か読んでる人はいるのか。。

なんかとても微妙な心境でして。
Twitterが現在のところ、1番拡散率が高いというか、広く情報を伝えられると思うんです。
ただ、情報の流れが早いので流れてもしまうんですけど、その点をカバー出来ればやっぱり1番かな、と。

ブログの記事を書いたことも、Twitterに連携して通知すれば広く読んではもらえるんでしょうけど。
前にも書いた通り、そこまで広めたいことじゃないんですよねー。
かといって誰も読まないんだったらそもそも書く必要もなく、書いた上での自己満足なら公開する必要がない、と。

まぁはっきり言ってしまえば、「ちょっと興味あるかも?」くらいの人は別に読まないでくれたら良いし、「興味あるから読みたいよ」って人だけ読んでほしいっていう微妙なところなんです。
能動的に、たまにブログをチェックしに来てくれる人だけが、気付いて読んでくれたら良いんです。

でも、マジで誰も読んでないんだとしたら無駄なので、「読んだよ」っていうコメントとかあると、とても安心します、というお話。

 

 

 

前置きが長くなりました。

今日はちょっとした心境の変化というか、目標を達成するということについて、最近思うことを。

自分の心の中のお話で、ちょっと自己啓発っぽさもあるので、苦手な人はバックプリーズ。

 

 

 

ご存知の方もいるかもしれませんが、昨年の末から私は禁煙を始めました。
現在進行系で、「禁煙する」と決めた日から、1本たりとも吸っておりません。

これね。
自分的には、相当すごいこと。かつ、驚いてること。

今までも「禁煙したら金銭的にちょっと楽になるんだろうなぁ」とか「ただでさえ身体弱いから健康のために禁煙しようかなぁ」とか。
まぁぼんやりと思ってきたことはありますが、自分で色々理由をつけてそれを実行することはなかったんですよね。

「作業中のリセットのために、喫煙という一服タイムが必要なんだ」とか、
「楽屋とか飲み会とか、喫煙者が周りに多すぎるから禁煙は難しい」とか、
「タバコ吸うことによるコミュニケーションもあるから、タバコはやめられない」とか。

まぁ色々。
実際本気で上記のように思ってたし、それ自体は特に疑う余地もなかったんですよね。
だから本気でタバコやめようと思ったことは無かったし、実行する気もなかった。

 

 

だけど、昨年末。

きっかけは本当にふとしたことでした。
というか、一時期きっかけが何だったのか、全然忘れてました。笑
「あ…そういえばこうだった。」というのを思い出したので書きますが。

とある知り合い(そこそこのヘビィスモーカー)と電話で話したとき、彼が禁煙した、と聞きました。
「俺も一生吸い続けると思ってたけど、なんかイケそうだわ」と。

…ああん??

となりまして。
「いや、コイツに出来るなら、俺も出来るでしょ」と。

ただ、それだけです。笑

それで始めようと思ったんです。

 

 

最初の1ヶ月の間は本当に辛かったです。
対策としては単純にタバコをVapeに変えるだけって手段だったので、ニコチン切れが結構酷くて。

イライラするとかはそんなに無かったんですけど、とにかく睡魔が酷かった。
普通に寝てるはずなのに、昼間でも慢性的にずっと眠くて、頭ぼーっとしてて。

タイミング悪かった、と思ったのは丁度1月リリースの音源の制作真っ只中だったもんで、1分1秒も時間が惜しかった頃だったんです。
そこにきて、その頭のポンコツ具合と眠気だったので、まぁしくじったとは思いました。

結構何度も「やっぱり制作終わってからってことにしようかな…」と思いました。

 

 

でも、1つ良かったなぁ、と今更ながら自分で思うのは、Twitterで禁煙を宣言したことなんですよね。

多分僕は思った以上に、世間体や人からの目を気にしちゃう人だったようで。

「ここで諦めたら、あいつ口だけのヤロウなんだ、と思われてしまう…」
という意地というか見栄というか、とにかくその些細なプライドを守ることだけが支えで、続けられました。笑

 

 

でも、本当に意外な発見でした。
結果的にはすんなりと1度目にして成功。
音源制作も乗り越え、数々の飲みの席や楽屋などにも居ましたが、もうタバコを吸いたいとは思わなくなりました。
(Vapeは変わらず吸ってます)

 

 

話は変わって、次は肉体改造のお話。

これはまだ、始めたばかりで全然浅い感じなんですけど。
先日Twitterにも書いたのですが、ちょっと身体を鍛え始めました。
ジム的な施設に通い始めまして、所謂筋肉トレーニングをしてます。

これもまた、自分とは縁が無いというか、程遠いことというか、興味がないわけではないけど現実的じゃないことだったんですよね。

昔から、体型がずっと変わりません。
「〜歳を過ぎたら太るよ」と、各年齢の節目節目に言われ続けてきてますが、一向にその気配はなく。
ちゃんと食事を摂るように気をつけないと、簡単に痩せてしまう一方の体質。
筋肉も脂肪もない、本当にガリガリってやつです。

これね。
羨ましいってよく言われるけど、まぁ気持ちが分からなくもないんですけど、それはそれで悩みというかコンプレックスはありまして。
単純に、ザコいわけですよ。
腕相撲とか誰にも勝ったことないレベルだしさ。
温泉とかやっぱり恥ずかしいしさ。
海とかもう行かないから良いけど、昔はやっぱり恥ずかしかったしさ。

あとは単純にライブやる上でやっぱり体力とか筋力ってすっごく大事なんですよね。
知ってる人は分かると思うけど、結構ちょこまかと動き回るタイプのギタリストでしたし。
運動不足すぎて、慢性的に肩凝りや腰痛にも悩まされてました。

でもなんか、諦めてたんですよねー。
軽ーく努力してみたことはあるんですけど、本当に軽い気持ちすぎて続かなかったし、「自分はこういう体質なんだ」と決めつけて強く変わろうとはしてませんでした。

 

 

でもね。
上述の禁煙の一件が、自分の中で結構な衝撃で。

「あれだけ無理だと思ってた禁煙が出来たんだよ?」
「なんか色々まだまだ出来そうじゃない?」

と、思いました。

 

 

今までは、自分のことを勝手に諦めてたんです。

実際のところ、僕は何かに対しての一時的な集中力にはとっても自信がありますし、入り込めさえすれば何時間だってずっと何かをし続けられるタイプです。
(ノッテるときの作曲とかがまさにこれ)

その反面、日課のように毎日継続して何かをするとか、スケジュールを決めてそれ通りに動くとか、そういうのが本当に苦手です。

だから、体力づくりのために毎日ちょっとずつ走るとか、ギターの基礎練を毎日ちょっとずつやるとか。

本当に続かないし、三日坊主もいいとこです。

 

 

これまでの経験から、過去の経緯から、これらは間違いなく事実ではあるんですけど。

「だからと言ってそれが全てではないし、それが今の自分にも絶対に当て嵌まる、というわけでもないんじゃないか?」と。

そう思いました。
結局、上記のような失敗体験が染み付いてて、「自分は結局こうだから」と勝手に限界を作って、勝手に諦めてたんですよね。

これが、禁煙っていう今まで絶対に出来ないと思ってたことを成功させた成功体験によって、少し塗り変わったといいますか。
「あれ?もしかして?」と思えたんです。

 

 

結果、というにはまだ早すぎるとは思いますが、少なくとも過去1で長く続いてます。
まだまだ微弱な変化ですが、少しだけ筋肉もついた実感はあります。

 

 

 

こうして、今年に入ってから2つ。

今まで絶対に無理だと思ってた「継続する」ということが、達成出来始めて、成功体験が重ねられています。

 

 

 

それなりに長くも生きてきて、周りからの評価や、自分なりの評価や、色んな情報を取り入れるうちに、

「自分はこういうやつだ」

という認識が出来上がってはいたんです。

 

 

それがポジティブな方向に働く分には、何も問題ないと思います。
現に「集中力がある」という特性は、僕は変えるつもりはないし、プラスに解釈してます。

 

 

だけど、それがネガティブな方向に働いてる場合、意外と簡単に変えられるものかも?と思い始めてる僕です。

結局は、自分で勝手に枠を作ってるだけ。

何でもできる、とまでは言わないけど。

ほとんどの部分は変えられる、と思ってます、今の僕は。

 

 

過去の自分に対しても、周りに対しても、思うんですけど。

変わりたいって気持ちが、どれだけ本気かどうかってことだけな気がしてます。

今までの僕は、「こうなりたいな〜」とか思ってても、思うだけ。
真っ先に浮かぶのは、出来ない理由という名の言い訳。

そりゃ変われるわけもないよなぁ、と今となっては思います。
なんか意地みたいなものが全く生まれてなかったですもん。

 

 

 

という、ちょっと生まれ変わってみようかなって思ってるやつの経過報告でした。

 

 

 

1つ、本気で思いかけてて、今一歩踏みとどまってる目標があるんですけど、自分の中で決心がついたら、それもどっかで宣言しようと思います。
なんか、僕にはそれが効くっぽいことも分かったので。

 

 

 

はい。

というわけで、4月30日まであと3週間を切りました。

約4ヶ月ぶりのライブ。

めっちゃ楽しみです。

 

 

 

イザナ

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑